糸と織機のお店
ておりやぶろぐ

オリジナル糸・織機・輸入クラフト用品のお店ブログ

肌にやさしいコットンの二重織りマフラー

糸のこと

2018/07/20

マフラーと言えば冬の必需品ですが、季節を問わず、あると重宝するのがコットンのマフラー。春先から初夏にかけて、また秋口のちょっと肌寒いときに、また夏の冷房対策にと、出番は意外とあり、小さく畳んでバッグに 入れておくと便利です。

 

コットンSを使用して二重織りで織ったマフラーを肩から掛けたイメージ

 

そこで、なんと言ってもやさしい肌ざわりが魅力のコットンを使った二重織りのマフラーを紹介します。

 

おすすめの糸は、綿コーマの「コットンS」

 

コットンSの糸のラインナップ

 

まずは材料選びから。

 

「コットン糸」とひとくちに言っても、太さはもちろんのこと、コットンの種類や製造・ 加工方法によって個性はさまざまです。その中で用途に適したもの、作品のイメージにあったものを選びましょう。

 

ここでは、あまり厚みを出さず、しなやかに仕上がるように、細めのコットン糸「コットンS」を選びました。

 

やはり一番気になるのは、肌ざわり。マフラーなので、チクチクしたり、ごわつきが出たりする糸は避けたいところです。そこで注目したのが、コットン糸の中でも上質な「綿コーマ」のコットンS。綿コーマならではの柔らかさを実感させてくれる糸です。

 

筬目を粗くして、表情豊か&涼やかに

 

椅子の上のコットンSで織ったマフラー

 

シンプルながら、片面ずつ色が異なるデザインになる二重織り。二重織りにすることで、首もとに巻いたときの表情が幾通りにも楽しめる一枚ができます。

 

さらにここではデザイン的に少し変化をつけるために、二重織りにしない部分(上布と下布が閉じた状態)を一 定の間隔で入れて、ラインが出るようにしてみました。

 

少し〝動き〟のある織り地にしたかったので、筬目はやや粗めにしています。筬目を粗くし、またヨコ糸を強く打ち込まないことで少し透け感が出て、二重織りなのに涼しげな織り上がりになりました。

 

また、織り地がやや粗いので、重なった部分はそれぞれの面の単色ではなく、微妙に色が混ざり合って見え、色の変化も楽しめます。

 

二重織りのマフラーを拡大したもの

 

コットンSは全37色。お好きな2色を選んで、ぜひ二重織りのコットンマフラーを作ってみてください。

 

二重織りのコットンマフラー

 

コットンSで織ったマフラー

 

  • 使用糸:コットンS (No.26、No.48)
  • 出来上がりサイズ:幅25cm×長さ160cm(房部分含む)
  • 筬目:6羽/cmの丸羽(12羽/cmになります。)  二重織りなので上布、下布それぞれ6羽/cmになります。

 

「コットンS」でもう1種類、織ってみました!

 

コットンSを使用してレース織りで織ったマフラー

 

写真は、コットンSを使った組織織り(レース織り)のマフラー。

 

同じコットンSでも、織りのテクニックが異なると、二重織りのマフラーとはまた違った表情の作品ができます。

 

コットンSの詳細は、ておりやCOサイトからご覧になれます→

 

ておりやオンラインショップでご購入いただけます→

TOPへ

  • ておりやオフィシャルサイト
  • ておりやオンラインショップ
  • ておりやオンラインショップの姉妹サイトておりやのたな
  • ておりや
    〒530-0041 大阪市北区天神橋2丁目5-34
    TEL 06-6353-1649
    FAX 06-6353-5808
    10:00〜18:00 【shop・office】
    (定休日:日曜・祝日・第2・4・5土曜日)

    Copyright©  ておりや All rights Reserved.